ブーログ › 岡崎市矢作のインドカレー・ネパール飯屋ザトラのブログ › ナン › 

ナンってどうやって焼いてるの?

2018年10月17日 20:30  カテゴリ:ナン

ナンってどうやって焼いてるの?

ナンは土でできた窯「タンドール」で焼きます
で、そのタンドールがコレ↓
タンドール
外観はただのステンレスの箱のようですが
この中に土窯がすっぽり入ってます

最下部に炭を入れ、窯を全体を温める
温度が落ち着いたところでようやくナンが焼けるようになります
およそ300度くらいでしょうか
毎日炭を足しつつ休業日以外は燃やしっぱなし
なので夏は暑いし、燃費は最悪((+_+))
ガスって手もあるんですがやはり炭でないとね
冬は暖炉代わりに最高なんですがね(笑)
炭
ナンを窯の内壁に直接貼り付けて
プレーンナンなら4、5分で焼けます

タンドールの弱点は燃費の他に重力の問題も
例えばナンの表面に何かをのせて焼くことは
通常の方法ではできません
貼り付けた瞬間具材が下に落ちちゃいますからね
時には、張り付きが悪くて
ナンがそのまま下に落ちてしまうこともあるぐらいです

チーズナンを焼いている最中も
中のチーズはほとんど下に溜まってます
取り出して均してからカットするので
出来上がりはそれほど偏りはないですが

火力の調整は蓋と窯の隙間の大小で
タンドリーの蓋
隙間を大きくすれば空気が沢山入って火力が強くなり
小さくすれば空気の量が少なくなって火力が弱くなる
とっても原始的なんだけどよく考えられています

タンドールではナンの他
チキンティッカやタンドリーチキンも焼きます
要は焼き物は全てこの窯でってことです
ちなみにタンドリーチキンの”タンドリー”はここからきてます


◎本格インドカレーはザトラへどうぞ
日本語OK!辛さはお好み次第!甘口もあるのでキッズもOK!


外観
コメダ岡崎矢作店さんと同じ敷地内にあります♪

ナンってどうやって焼いてるの?
カフェのような雰囲気の落ち着いた店内です♪

▼ホームページ
岡崎市のこだわりのインドカレー&ネパール飯屋ザトラ

地図はこちら→Googleマップ


  • LINEで送る

<ザトラから、超お得なカレー定期券のお知らせ>
これで1か月間カレーが食べ放題!
カレーなる人生2
同じカテゴリー(ナン)の記事画像
今日のランチは『トマトチキンカレーとナン』
ワインのつまみにもいい! 『超極薄チーズナン』
ランチに『揚げチーズチキンカレーナン』
桜色の生地で作った『ミニココナッツチョコナン』
『てりやきマヨチーズナンバーガー』 なんてどう? ちょっと変わったハンバーガー
期間限定 『桜色のナン』 登場
同じカテゴリー(ナン)の記事
 今日のランチは『トマトチキンカレーとナン』 (2019-06-03 20:30)
 ワインのつまみにもいい! 『超極薄チーズナン』 (2019-05-28 20:30)
 ランチに『揚げチーズチキンカレーナン』 (2019-04-20 20:30)
 桜色の生地で作った『ミニココナッツチョコナン』 (2019-03-14 20:30)
 『てりやきマヨチーズナンバーガー』 なんてどう? ちょっと変わったハンバーガー (2019-03-09 20:30)
 期間限定 『桜色のナン』 登場 (2019-03-08 20:41)

Posted by ザトラ │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。